読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

りのもとblog

思ったことを書き連ねます。

少しの気遣い

僕が大学に入学したばかりの頃だったと思います。

通学の電車内で、ペットボトルがコロコロ転がっていました。誰が飲んだのかもわからない汚いペットボトル。誰も拾わずに結局最後に駅員さんが拾うんだろうなって思いながらそのペットボトルを見つめていました。そこにとある女性がやってきました。そして、すっとそのペットボトルに手を伸ばし、拾い上げました。そして、降車駅のゴミ箱に捨てていました。

この時、なんてこの女性はかっこいいんだろうと思ったと同時に自分が情けなくなりました。ゴミを拾ってゴミ箱に入れる。こんな単純な行動を起こさなかった自分が恥ずかしかったです。

 

僕は、ちょっとしたことにも気をつかえる人がかっこよくて好きです。例えば飲み会で、先輩のグラスが空になっていたら「おつぎしましょうか??」と言ったり、空いたお皿を店員さんが取りやすいような場所に重ねて置いておくとか。例えば自分が落としたペンを誰かが拾ってくれた時に、相手の目を見て「ありがとう」と言えるとか。

 

 

こんな記事を見つけました。さすがにこんなことでいちいち腹を立てて誰かに愚痴を言うようなことは僕はしません。でも、もし松本さんと同じ状況だった時、この家族は気を遣えない人たちなんだな、残念な人たちだな、と僕は思います。もちろん、この家族も悪気があって会釈しなかったわけではないと思います。でも、こういうときに少しの気遣いで会釈ができたら、両者ともに幸せな気分になれると思うんです。

 

相手の気持ちを思いやって気を使える人間になりたいですね。

 

 

<< コメント募集中 >>