りのもとblog

思ったことを書き連ねます。

情報の共有

今期の木曜日には、情報工学実験第1という授業があります。

 

なにを実験するかというと、

「日本語を含むテキストファイルをプリンタに出力するためのテキストフォーマッタを作る」。

 

何言ってるか分かんないですよね笑

最初僕も何のことか分かりませんでした。

 

まあ要は、色々な文章が書かれているファイルを入力情報として、その文章をA4サイズの紙に印刷する際に、適切な場所で改行をしたり次ページに移行し出力するようにプログラムを組め、ということです。

 

実験では7つのグループに分かれます。1グループ5~6名です。僕の班は僕含めて5人います。

 

うん、みんな優秀。笑

話し合いもスムーズにいくし、役割分担もしっかり出来た。初回から実験するとは思わなかったけし、なかなかハードだったけど楽しかったね。

 

やっぱり実験するにあたって、情報共有は大切なことなので、LINEグループを作りました。そこで、役割ごとに何をしたのか報告します。

 

たぶん実験が今期一番忙しい授業となりそうです。木曜日、がんばろ笑

 

 

余談なんですけど、いまの世の中ってホントに便利ですよね。みんな集まらなくても、LINEやらGoogleドライブやらで情報共有は簡単に出来てしまう。会議とかもスカイプとかで出来ちゃいますしね。

 

逆に、昔はどうやって情報を共有してたんだろう。携帯もない、あるとしたら固定電話。家に帰ったら情報がとても共有できるとは思えない。。。

 

 

世の中の進歩ってやっぱすごい。