りのもとblog

思ったことを書き連ねます。

いい意味で目立つ

金曜日の3限の時間は、「知識処理」という講義があります。

ようやく僕の一番興味のある分野、「人工知能」について触れられる講義がはじまりました🙋

しかも、僕が1番行きたい研究室の教授、長尾教授が講義をして下さります。

 

この長尾教授、とにかく面白くて物知り。講義中はナインボットに乗って移動します。笑

 

今日は操縦ミスってこけてましたねー笑

 

 

さて、この知識処理の講義の最後の方では、その日に学んだことを生かして問題を解いたり、論述したりします。そして次の授業のときに、教授が面白いと思った解答や良い解答を紹介します。

 

今日は、一週間前の演習問題で面白い解答を紹介されました。

その問題の内容は、「人工知能にどんなことを期待するか論述せよ」というものでした。

 

 

6つ解答を紹介されました。そして、6つ目の解答を見ると何となく見覚えのある文章が・・・

 

僕でした。笑

僕のやつは、いい解答じゃなくて、何書いてんだコイツって感じで紹介されちゃいました笑

散々馬鹿にされました。笑

 

何を書いたかざっというと、

人工知能で過酷な現代の労働環境の改善を期待したい。現代は、過労死などの労働に関する問題がよく取り上げられる。無理して働いたり、体調を崩してでも働くという人が多い。そういった人を少なくするためにも、単純作業や思考力のいらないパターン化した仕事はすべてAIに任せればいい。そして数年後には、現代には無いような、テクノロジーを生かした新しい仕事がきっと生まれてくる。その場合に備えて、人間はもっとクリエイティブな仕事を担当するべき」って感じ。

 

まず長尾教授には、「お前は社会に出てまともに働いたことあるんか!!!」って嘲笑されました。他にも色々書いたんてすけど、それについても色々突っ込まれました。

 

でも、恥ずかしいとか全く思わなかったです。逆に目立ててよかったーって思いました。これから、もっと個性的な解答をしていこうかなって思いました。

 

出る杭は打たれるけど、打たれ強くなればいい。誰かが言ってた言葉。

もっといい意味で目立とうと思いました。